keihiramatsu_logokeihiramatsu_logo

HomeHomeInformationInformationRodRodk_gmenu_lure.jpgk_gmenu_lure.jpgk_gmenu_company.jpgk_gmenu_company.jpgk_gmenu_contact.pngk_gmenu_contact.png

Buaya Darat

bil_buaya_61ml_m680_300.jpg

Kei Hiramatsu Buaya Darat(ブアヤ ダラット) J61M / 61ML

J61M
Length: 6'1"feet  Pieces: one  LineWT: PE#1.5~#3  JIG MAX: 200g Rod Wt: 248g
希望小売価格:43,000円+税

Buaya Darat J61M

近海ジギングにおける最もオーソドックスなロッド。ジグの形状を問わずロングタイプ、ショートタイプとジグの持つ特性を安定して操作できるロッドです。
【付属品】保証書 ロッド袋

This is the most orthodox rod for Jigging in your favorite fields.
It is possible for you to handle stably the characteristics of your jigs regardless of long jig or short jig with J61M.
Accessories: warranty and soft case

●平松慶自身による解説

エリア(地域)を選ばない、現シリーズ中一番のオーソドックスロッド、J61Mです。
ミディアムテーパーに設計しており、投入したジグを言ってみれば胴でしゃくるイメージのロッドです。今まで他社で私が開発してきたロッドのイメージは超ファーストテーパーでした。

しかし、最近ジグの操作で「漂わす(ドリフトさせる)」ジグアクションを推奨していますが、胴でジグを滑らすスタイルの全く新しいコンセプトにどのモデルも仕上げております。

このロッドはクセがない分、どの地域にも本当に順応してくれるスペックです。
小型の魚から10kgのブリ、ヒラマサまで全てテストをしてきました。釣り座を選ばない確実に持って行きたいサブロッド。が、私の中での位置づけです。
Gummy110g130gがお薦めサイズになります。

参考タックルバランス
Buaya Darat J61M+ステラSW6000HG、ソルティガ4500番クラス+PE3号に50ポンドのフロロリーダーがベストタックルです。

J61ML
Length: 6'1"feet  Pieces: one  LineWT: PE1.5~3  JIG MAX: 150g Rod Wt: 257g
希望小売価格:43,000円+税

Buaya Darat J61ML

ブリ、ヒラマサといった青物をジギングで狙う近海でのロッドとなりますがJ61Mに対してレングスは同じであっても、この61MLモデルは超先調子の設計となっており、ファーストテーパーとなっています。タフコンディションにおいて、ジャレるようなショートバイトや吸い込むようなバイトにもファーストテーパーのソフトさを活かしフッキングに持ち込める設計となっています。
【付属品】保証書 ロッド袋

The targets of this rod is for Yellowtail, King fish etc by Jigging in the saltwater.
J61ML is designed rather fast taper than J61M, so you can hook up your target in the case of tough conditions, like short bite or soft touch and go, when not so active to your jigs.
Accessories: warranty and soft case

●平松慶自身による解説

当社Buaya Daratシリーズにおいて、一番ライトタイプのジギングロッドであるJ61ML。関東では千葉県外房でのヒラマサ狙いや白浜周辺でのワラサ狙い、日本海側での石川~輪島のブリ、ヒラマサ、京都の丹後半島でのヒラマサやブリ、島根~山口、四国、九州…と、日本中でのブリやヒラマサを中心とした150gのジグが一番使いやすいジギングロッドに仕上げております。

このロッドの特徴は、ロッドエンドにバランサーを仕組んでおり、自重は257g。実は当シリーズのJ64H(一番ヘビージグをしゃくるロッド)のロッドウエイトが250gに対しライトモデルであってもあえて257gにしてあります。これは実釣においてリール(ステラ8000クラス)をセッティングし、ジグを投入した時の軽さに重点を置きました。

強いロッドであれば持ち重りやしゃくり時のフィーリングなど、さほどアングラーも気にされませんが、ライトなロッドなので「ただ軽い」だけでは意味の無いこと。

このロッドの特徴として、あえてバランサーを入れてあります。ジグを投入してジグとラインが引っ張られている時に、ロッドの優しさや軽さが初めて出ます。リールシートの部分がシーソーの様に支点になり、しゃくる軽さも強く感じられるのです。これはこのJ61MJ61MLのみのセッティングになっております。
Gummy110g130gがお薦めサイズになります。

【参考タックルバランス
Buaya Darat J61ML+ステラSW6000HG、ソルティガ4500番クラス+PE3号に50ポンドのフロロリーダーがベストタックルです。

buaya_grip_jig.jpgbuaya_grip_jig.jpgbuaya_guide_jig.jpgbuaya_guide_jig.jpg

k-flat_buayadarat pdfk-flat_buayadarat pdfこの画像クリックでpdfが開きます。

submenu_jigrod.jpg

Buaya Darat J61M/ML

Buaya Darat J64M_HBuaya Darat J64M_H

Buaya Darat J65MLBuaya Darat J65ML

ライトジギングロッド

Buaya Darat Lt65L/MBuaya Darat Lt65L/M

Buaya Darat Lt-S65L/MBuaya Darat Lt-S65L/M

submenu_castrod.jpg

Buaya Darat C73MBuaya Darat C73M

submenu_c74.jpgsubmenu_c74.jpg

submenu_c84.jpgsubmenu_c84.jpg

ショアロッド

AZUSA71/81AZUSA71/81

Kei Shaft 63MLKei Shaft 63ML

Gummy Shaft 63MLGummy Shaft 63ML