佐藤典之

佐藤典之

北海道北見市在住


北海道オホーツク海を中心に遊漁船も動かし、季節に合わせてブリ、サクラマスなどを狙う。特にオホーツク海のサクラマスジギングはフィールド開拓の第一人者でありその行動力と緻密な分析探究心は他を寄せ付けない程。松前マグロジギングは60kgをゆうに超えるクロマグロをキャッチ。また遠くは長崎県対馬へヒラマサジギング、と益々活動エリアを広めている。オホーツクジギングクラブ代表。


加藤達也

加藤達也

北海道北見市在住


サクラマスジギングはマイボートで狙っており、メタルジグだけでなくバイブレーションをキャストしての新たなスタイルを築き上げようとフィールドテストを欠かせない。独特な自論を持ち、釣りスタイルは緻密さを理論的に組み上げていくスタイル。ヒラマサジギングでも結果に繋げている。道東エリアからのトラウトゲームも果敢に取組み一年中フィールドに立つ。


深水聖晴

深水聖晴

宮崎県児湯郡在住


「魚の匂い」を嗅ぎ分ける男。海外へはシンガポールやったマレーシア、インドネシアへと行動範囲も広くGTは特に経験値が高い。地元宮崎ではアカメを古くから追い、決して人に釣果を見せる事なく真摯に向き合っている姿が素晴らしい。また磯ショアからのゲームも長けておりヒラスズキなども楽しんでいる。広大な田んぼでお米を育てる農家さん。野望は農家で海外進出だとか。人を先に立たせ、本人は影の力持ちさん。常に気を使う快きアングラー


望月孝之

望月孝之

神奈川県横浜市在住


バスアングラー時代は常にアルミボートを車上に括り釣り場へ激しく通い、夏は相模湾で徹底してシイラゲームへと。いつからか玄界灘クロマグロのキャスティングゲームに魅力され『トップのTAKA』と呼ばれる。海外へのGT遠征も数多くこなし、ミクロネシアや南太平洋などフィールド経験は豊富。近年はヒラマサのキャスティングゲームへ取り組み、キャッチ率の高さがテクニックの上手さを表している。海外tripも楽しんでる旅好き。